生後7ヶ月?3歳児 「幼児コース」 レッスン:50分 回数:年43回 内容:月齢ごとのプログラム

幼児7ヶ月?3歳児コース

コースの目的!知覚機能と感覚機能を育もう!

3歳までは、左脳が優位に働くことがなく、論理的な思考力や、物事の因果関係を適切に判断することができません。そのかわり、物事をありのままにとらえ、すばらしい感性を働く能力を育てていくことができる時期です。

したがって、この時期に知覚機能や感覚機能を適正に刺激していくことで、すばらしい視覚能力や言語能力を身につけることができます。また、指先トレーニングを通して、知能を刺激し、創造的な思考力やすばらしい発想力を働かすことのできるお子さんをつくります。

料金システムのご案内

レッスンのポイント

  • 感覚的な能力を伸ばします
  • 認知、記憶、分類、関係といった
    知能因子の刺激
  • 言語感覚の基礎を身につける
  • 手指の機能の発達
レッスンのポイント
レッスンの内容
2Pパズル

使うコース:
1歳児コース

指先の巧緻性と形の認知。2歳ごろまでには、一人でできるようにトレーニングする。

色のマッチング

使うコース:
1歳児コース
目 的:
色の認知と識別をする。
クマの数ならべ

使うコース:
1歳児コース
目 的:
数と色の対応。数量感覚を育てる。
文字合わせ

使うコース:
1歳児コース
文字の認知とマッチング、文字への興味付けや導入。
形あわせ

使うコース:
2歳児コース

形の分類とマッチング、2歳からは分類ができるようにしていく。

クマの数合わせ

使うコース:
2歳児コース

1対1の対応、対象物の数量にあわせてクマを置いていく。

ピエロを作ろう

使うコース:
2歳児コース

形と色の分類とマッチング。カラフルな色を使って、手本との対応をはっきりさせる。

三角積木図形

使うコース:
2歳児コース

形の認知と辺や角の対応を認知、直角二等辺三角形のピースをテキストに合わせて作る。基本図形の1つ、三角形になじむ。

四角づくり

使うコース:
3歳児コース

さまざまな形の小片をあつめて正方形を作る。全体と部分を考える。

形のマッチング

使うコース:
3歳児コース
目 的:
表のタテとヨコの関係性を理解する。
積木パズル

使うコース:
3歳児コース
目 的:
形の組み合わせを理解する。
なかまさがし

使うコース:
3歳児コース
物の属性と関係を理解する。言葉の獲得をうながす。

T・Mくん(3歳)のお母様

絵本が大好きになりました。

子どもの1歳の誕生日を迎えた時に入室しました。入室前は、「しっし(尿)は?」と私が聞くと、機嫌が良い時だけ教えてくれていました。お教室に通い始めてからは、尿が出ると子ども自身が自分から「しっし」と言ってお腹や胸を叩いて教えてくれるようになりました。また、絵本が大好きで、絵本を自分で選んで持ってきます。長い時は30分程度絵本に集中しています。お教室に通い始めて、絵本にしても遊びにしても、かなりの時間をその事だけに集中出来るようになり、通わせていただいて良かったと思っています。先生方のご指導に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

S・Aちゃん(3歳)のお母様

暗唱は、1回読むだけで覚えてしまいます。

2つ年上のお姉ちゃんの影響もあり、1歳からお教室に通い始めました。七田式の成果は、お姉ちゃんの時にも分かっていたつもりでしたが、本当にすごくてびっくりする事ばかりでした。まず、2歳になったばかりの頃には、大人と普通に会話ができていました。パズルも2歳前には30ピースを一人でやりとげ、周りの大人をびっくりさせていました。記憶力も非常によくなり、暗唱は、1回読んであげると、すぐに覚えてしまうようになりました。また、姉と一緒に暗唱文章を聞いていたので、漢文もすぐに覚えて、発表会では「春望」を発表する事ができました。本当に七田式に出会えて私も子供達もよかったと思います。

E・Kくん(4歳)のお母様

聴覚記憶の成果を実感しました。

とにかく聴覚記憶の成果を実感しました。詩の暗唱をはじめ、理科ソング等を覚える速さ、耳にした音楽を記憶する能力には驚かされるものがあります。また、足し算が自然に出来るようになったのも式の読み上げによる効果が大きかったように思います。数においては具体物によるレッスンやドッツカード等の取り組みによる相乗効果によるものであるとも思いますが、この具体物によるレッスンは数だけでなく、図形の空間認識や巧緻性、記憶でも成果を実感しており、このように多角的に様々な能力を引き出して下さるところは七田教育の魅力の一つです。

まずはお試しを!

  • 体験レッスンの紹介
  • 体験レッスンお申込み
  • 資料請求はこちら
  • 右脳と左脳 はたらきの違いとは?
  • 目と脳の大切な関係
このページのトップへ