FISグループ代表の「教育への想い」

心の働きをよくするには、脳の機能をバランスよく働かせること

『知る』『考える』『記憶する』といった知のはたらき、『喜ぶ』『驚く』『痛む』といった情緒のはたらき、『見て』『聞いて』『触れて』といった感覚のはたらき、それぞれのバランスがとれてはじめて、心のそこから湧きあがる意欲や創造性がうまれてきます。

SEN七田チャイルドアカデミーでは、乳幼児期からの『見て』『触れて』『感じて』吸収していく力を最大限に引き出していくことで、右脳と左脳のバランスをよくし、だれもがもつ天才的な能力を引き出していけると考えています。

子育ての環境をととのえて、母子間のコミュニケーションをよくしていくことは、子育てを楽にするばかりでなく、心を育て、子供のすばらしい能力を育てていく最大の秘訣です。

子供たちが生来もっているすばらしい能力を引き出して、学校教育とはちがった切り口で、子供たちが心から楽しいと感じる教育を創造していくことが私たちの使命だと考えています。
とくに、当教室の豊富な具体物をつかった取り組みや適正な知覚感覚機能を育んでいくノウハウは、当教室独自のものであり、教室を通してドンドン成長していくお子さんたちの輝く目を見ることは私たちの最大の喜びです。

われわれは常々、お子さんの無限の可能性を最大限にひきだすお手伝いをさせていただきたいと考えております。わたくしどもの教室を、ぜひお子さんと一緒にためしてみてください。講師一同お会いできるのを楽しみにしております。


まずはお試しを!

  • 体験レッスンの紹介
  • 体験レッスンお申込み
  • 資料請求はこちら
  • 右脳と左脳 はたらきの違いとは?
  • 目と脳の大切な関係
  • スマホサイト
このページのトップへ